リンパ浮腫治療用の弾性着衣の療養費申請について

2008年4月より、リンパ浮腫治療のための弾性着衣(弾性ストッキング、弾性スリーブ等)の購入が保険適用となり、購入費用が「療養費」として支給されることになりました。

 

【支給の対象となる方】

以下の方が、医師の指導のもとで、弾性着衣などを購入した場合

・リンパ節切除を伴うがんの手術を受けた後、四肢にリンパ浮腫を発症した方

・原発性の四肢リンパ浮腫の方


【支給の対象となる製品】

・製品の着圧が30㎜Hg以上の弾性着衣

※ただし、関節炎や腱鞘炎で強い着圧では支障をきたす場合は、医師の判断により20㎜Hg以上のものでも可能です。 

MAEÉシリーズ対象製品
MAEÉ コンプレッションストッキング(シティベージュ)
MAEÉ コンプレッションタイツ(シアターブラック)  

 

【支給回数】

年2回まで。2回目の申請は、1回目から6か月以上経過している必要があります。

 

【支給枚数】

医師の指示がある装着部位ごとに、1回の購入で2着を限度とします。

※パンティストッキングタイプの弾性ストッキングは両下肢で1着になることから、両下肢に必要な場合も2着が限度となります。

 

【支給額】

下記の金額を上限として、購入費用から自己負担額を差し引いた金額が支給されます。

・弾性ストッキング  28,000円 (片脚用 25,000円)

・弾性スリーブ    16,000円

 

(例)健康保険による自己負担が3割の方が、30,000円のストッキングを購入した場合

28,000円(申請の上限額)× 0.7(保険給付) =  19,600円(支給額)

    

【申請時に必要なもの】

①療養費支給申請書  ※保険組合などの申請窓口にあります。

②担当医による弾性着衣等装着指示書
※以下よりダウンロードできます。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/200327_02.pdf

③弾性着衣を購入した際の領収書の原本(②の装着指示書の発行日以降の日付のもの)

④健康保険証

⑤印鑑

⑥世帯主の口座番号がわかるもの  

 

【申請の手順】

 

療養費の申請について、わからないことがありましたら、医療機関の相談窓口や保険者にお問い合わせください。