【着圧って絶対バレない!むしろおしゃれ!】

履くだけでパワフルにむくみケアできる「MAEÉ」のソックスを美容エディターが徹底ルポ!

公開日:2024.03.13

むくみケアとおしゃれ感を両立した、かつてない着圧ソックスにホレボレ♡

皆さま、はじめまして!美容エディター&ライターの小川由紀子です。
突然ですが「MAEÉ(マエエ)」ってご存知ですか?
むくみ疾患に悩める方のために2020年に誕生したビューティブランドなのですが、こちらの着圧ソックスがあまりにも素晴らしくて……。

メディカル発想ならではのハンパじゃないむくみケア効果なのに、それを抜きにしても履きたくなるおしゃれな見た目。

こんな風に機能性とビジュアルを兼ね備えた着圧ソックスってはじめてかも!? とすっかり惚れ込み、このルポ企画に名乗りを上げたというワケです。

撮影や取材など、立ち仕事の多い私の生活にもはや欠かせない「MAEÉ」。
その履き心地や他にはないメリットをさっそくお伝えしていきますね!

【scene1】
ハードな撮影の日でも夜までむくみ知らず!

一日中立ちっぱなしの撮影の日は、途中で脚がむくんでくるとパフォーマンスが急降下。
あとスタジオってコンクリート打ちっぱなしのところが多くて、足先が冷えるんですよね……(涙)。
そんな日に「MAEÉ」のソックスを履いて出かけたら、撮影中ずっと足がポカポカしていてダルさを感じることもなかったのにオドロキ。(というか、冷えやむくみのことを忘れて仕事に全集中できました!)
変な締めつけ感とは無縁で着圧ソックスを履いている実感こそないものの、脚をしっかりサポートしてくれているから一日の終わりのむくみ&疲れ方が全然違うんだろうなと。
ヘトヘトになった日に帰ってマッサージしようと思っても絶対に無理なので、履いている間ずっと
“ながらケア”ができて、そもそも脚がむくみにくくなるというのがとってもありがたいです。

この日は白のスニーカーに合わせてリブタイプのグレーをセレクト!

【scene2】
一日中座って原稿を書く日も脚がパンパンにならない

撮影の日とは一転、原稿を書く日は何時間も座りっぱなし……というのは、エディター・ライターあるある(苦笑)。
これはこれで何もしないと血液やら老廃物が脚の方に停滞して、むくんでしまうんですよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
チクチクしたり履き心地のよくない着圧ソックスはすぐ脱ぎたくなってしまうので、こんな在宅ワークの日にも「MAEÉ」のソックスが大活躍。
リブタイプは履き口がガーゼ状で優しい肌あたりだし、つま先部分はリブなし&日本人の足型に合うように編まれている手の込んだつくりで窮屈なキツさは皆無。何より絶妙な締めつけ感がほどよくてクセになる!
気分転換に近所のカフェに出かけるときも、見た目がおしゃれだから履き替えずにそのまま出られるのも助かります。

リブタイプのボルドーをロングブーツと合わせたら、履き口からチラ見えしてコーデのいいアクセントに♡

【scene3】
おしゃれで清潔感のある着圧ソックスは、おうち取材の日にも◎

メイクさんや美容家のお宅に取材に行かせていただく日もたまにあるのですが、何軒も回っていると脚がみるみるムクムクに……。
とはいえ人様のおうちにお邪魔するのに清潔感のある靴下はマストなので、こんな日は「MAEÉ」のラインタイプを。
後ろから見るとベーシックな色のソックスに1本スッとラインが入っていて、脚がスッキリ細見え。生地そのものも上質で、スタイル全体をキレイめに印象UPできます。
以前バレないだろうと黒の着圧ソックスを履いていったら生地がテッカテカで恥ずかしい思いをしたことがあったので、おうち取材の日や友達の家に長時間お邪魔する日はもうこのラインタイプ一択!

写真だとわからないけれど、カカト側に赤のラインが。サラッとした生地で肌に張りつかないので、これからの季節にますます重宝しそう。

“スッキリ軽やかでむくみを感じない脚”が、いつのまにか当たり前に!

今まで出合ったことのない高機能でおしゃれな着圧ソックスにすっかり夢中の今日この頃。

「MAEÉ」を履くようになってから脚がダル重〜となることが本当になくなったし、おしゃれな見た目はコーデの一部としてもいまや欠かせない存在です。

このメリット、皆さまにも体感していただきたいので、履かれた方は是非感想をお聞かせくださいませ!「MAEÉ」のソックスを使ったコーデの参考にもなる、公式Instagramも要チェックです。

SHARE